イラストレーター井筒啓之のいろいろ
by izutsujimusyo
井筒啓之プロフィール
1955年生まれ
1984年 
日本イラストレーション展入選
1986年 
長沢節に師事
1998年 
講談社出版文化賞さし絵賞受賞

東京イラストレーターズ・ソサエティ会員

イラストレーションのご依頼は
お問い合わせ
こちらからお願いします

コメント・トラックバックは今スパムが来ていますのでしばらくコメント・トラックバック不可にします。あしからずご了承下さい。

ここに掲載された画像の
無断転載を禁じます。


1955年生まれ
1984年 
日本イラストレーション展入選
1986年 
長沢節に師事
1998年 
講談社出版文化賞さし絵賞受賞

東京イラストレーターズ・ソサエティ会員

イラストレーションのご依頼は
お問い合わせ
こちらからお願いします

コメント・トラックバックは
承認制としました。
反映に時間がかかります。

ここに掲載された画像の
無断転載を禁じます。


リンク

井筒啓之のHP


井筒りつこのブログ



TIS



face book



flickr


creema


カテゴリ
全体
自己紹介
海の時計
空の冒険
装画&表紙
愛は乱暴
葦舟、飛んだ
文芸誌さし絵
8月の果て
その他さし絵
広告関係
装幀
小説宝石表紙
フラワーデザイナー
エスクァイア
ジュン・アシダ
花時間
青山塾
展覧会出品用作品
渋谷東急ハンズHINT7
その他
仕事のあれこれ
生活のあれこれ
ビビとチャコ
未分類
ブログパーツ
以前の記事
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
廣實さん、コメント有難う..
by izutsujimusyo at 14:10
垣根さんってこういう方な..
by 廣實 at 22:58
お返事ありがとうございま..
by はる at 01:22
はるさん コメントあり..
by izutsujimusyo at 14:22
ここの 「表現の自由..
by はる at 22:05
こんにちは!とても素敵な..
by izutsujimusyo at 14:45
詩とファンタジー秋茜号の..
by いしぜきけいこ at 22:09
メロス好きさん ありが..
by izutsujimusyo at 22:49
この画像使わせていただい..
by メロス好き at 21:27
すずきいつこさん ええ..
by izutsujimusyo at 13:34
最新のトラックバック
Japanese Art..
from Pearltrees
行ってきました!ビキニデ..
from 保土ヶ谷エリアCのいちにち
セカンド・サイト 中野順一
from 粋な提案
すれ違う背中を<乃南アサ..
from デコ親父はいつも減量中
すれ違う背中を [乃南アサ]
from 小説のブログ
荻原浩「誘拐ラプソディー」
from ご本といえばblog
「おじいちゃんのカラクリ..
from はまゆうの犬・ぱそ・ぶろぐ
シネマ古今東西―150人..
from 忍者大好きいななさむ書房
8月の果て
from 小春日和 -Indian s..
エンドコール メッセージ..
from + ChiekoaLibra..
お気に入りブログ
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
アート・デザインランキング
漫画家・絵描きランキング
画像一覧
30T展開催です!

今日から吉祥寺リベスト創ギャラリーで30T展が 開始です。
今年はじめて 搬入というか設営に行ってきました。皆さん、すごい数のTシャツを並べています。
昨日の設営風景と僕の棚、あと在庫の紹介です。

リベストギャラリー創

■  [PR]
# by izutsujimusyo | 2014-07-17 09:02 | 仕事のあれこれ
T-Shirt【30T展 FINAL 2014】最後の夏がもうじきくるよ!



【30T FINAL 2014】 2014.7.17~7.23 30T最後の夏がもうじきくるよ!

30T展の準備してます。JAZZ・Tあります。

新メンバーは11人。
漫画家からは相原コージ。島田虎之介。平松伸二。望月ミネタロウ。
イラストレーターからは小田島等。白根ゆたんぽ。諏訪さやか。
キャラクターデザイナー高田明美。
デザイナーからはリリカルスクールなどのビジュアルを手がける吉田雅崇。渋谷系の始祖・信藤三雄。
ミュージシャンの大森靖子。

おなじみのメンバーは青木俊直。朝倉世界一。いしかわじゅん。和泉晴紀。井筒啓之。井上正治。江口寿史。小岐須雅之。オザワミカ。かせきさいだあ。上條淳士。きはらようすけ。空山基。寺田克也。中沢しのぶ。中田舞子。山田雨月。山崎沙也夏。和田ラヂヲ。

2014.7.17~7.23 30T最後の熱い夏。
今後の告知をお見逃しなく!
(30Tfacebookより)

詳細はこちら
■  [PR]
# by izutsujimusyo | 2014-07-07 13:55 | 仕事のあれこれ
迷子の王様

新潮社
垣根涼介 著
新潮社装丁室 装丁
井筒啓之 画

俺たちに明日はないシリーズもこれで完結だそうです。
これもドラマ化しても面白いと思うのですが。
■  [PR]
# by izutsujimusyo | 2014-05-16 13:19 | 装画&表紙
ANA機内誌翼の王国5月号吉田修一連載エッセイ「空の冒険」イラストレーション

たまにこの「朝」に出会うと、とても新鮮な気持ちになる。
大袈裟にいえば、たとえそれが住み慣れた街の朝でも、
まるで旅行先にいるような気持ちになる。(本文から)


夜が明けると、ひんやりとした森の朝が始まる。
ロッジの窓から差し込む朝日は、きらきらしていて、
とても柔らかい。(本文から)


薄らと夜が明ける光景というのは、見た目には夕暮れと同じなのだが、
絶対的に何かが違う。(本文から)
■  [PR]
# by izutsujimusyo | 2014-04-30 11:55
ANA機内誌翼の王国4月号吉田修一連載エッセイ「空の冒険」イラストレーション

この界隈には九十年代半ばに「東京都現代美術館」が開館して以来、
現代美術のギャラリーが多く集まるようになっている。


ちなみにこうやってギャラリーを回ったりするわりに、
現代美術に造詣が深いわけではない。


そういえば、数年前にもふと思い立って油絵セットを買った。
もちろん、油絵など描いたこともなければ、描き方のいろはも知らない。
■  [PR]
# by izutsujimusyo | 2014-04-30 11:35
ANA機内誌翼の王国3月号吉田修一連載エッセイ「空の冒険」イラストレーション

八年前、初めてのサイン会に向かう時は、お客さんは来てくれるのだろうか、
韓国の新聞や雑誌の取材も入っているが、どんな質問をされるのだろうか、
とかなり不安だった記憶がある(本文より)


幸い、この時のソウル旅行は最高に楽しくて、最高に楽しい思い出になった。


昨年の十二月、ソウルでサイン会を開いてもらった。
二〇〇六年の初めてのサイン会以来、ソウルでは四度目になる。
■  [PR]
# by izutsujimusyo | 2014-04-30 11:30 | 空の冒険
ANA機内誌翼の王国2月号吉田修一連載エッセイ「空の冒険」イラストレーション

マカオには行ってみたいが、ギャンブルが苦手。という悩みをここ数年抱えていた。


到着早々、ではとりあえずカジノに、ということで、ギャンブル好きの編集者Tさんを先頭に、
ギャンブル嫌いな僕とYさんが続く。


世の中にはギャンブルに熱くなれる人がいる。G1レースを熱く語り、
宝くじの長い列に並ぶ、あの高揚感を味わってみたい気もする。

■  [PR]
# by izutsujimusyo | 2014-04-29 11:47 | 空の冒険
ANA機内誌翼の王国1月号吉田修一連載エッセイ「空の冒険」イラストレーション

若者はただぽつんと立っている。しかしそのうち、ある人が様子を伺うように近寄ってきてハグしてくれる。それを見たカップルが今度は順番にハグしてくれる。子供に「あのお兄ちゃんにハグしてきてあげなさい」と言う母親がいる。ハグしてくれる人は次第に増えていく。(本文より)


ちなみにご存知ない方のために簡単に説明させていただくと、「フリーハグ」というのは、街頭で見知らぬ人々とハグ(抱擁)をして、素晴らしい何かを(愛・平和・温もり等)を生み出す活動、とWikipediaにはある。二〇〇一年頃にアメリカ人が始めたものらしく、以後インターネットを通じて世界に広まったという。(本文より)


とりあえず、練習台として、うちの猫をハグしてみようと思う。

■  [PR]
# by izutsujimusyo | 2014-04-29 11:43
ANA機内誌翼の王国12月号吉田修一連載エッセイ「空の冒険」イラストレーション

車を降りた時、運良く雨が上がった。濡れた椰子の原生林、濡れた車道、
濡れた壁、そしてとても濃い山の空気。


台北市内から地下鉄で三十分ほど北上した場所に「淡水」という町がある。夕日の絶景ポイントである淡水河に沿って、台湾名物の屋台や洒落たカフェが並ぶ、台北市民憩いの場だ。


「路(ルウ)」の主人公が学生時代に暮らしていた淡水の学生アパートに、
自分も住んでいたと言うのだ。



■  [PR]
# by izutsujimusyo | 2014-04-29 11:33 | 空の冒険
ANA機内誌翼の王国11月号吉田修一連載エッセイ「空の冒険」イラストレーション

もちろん現在の彼女がどんな生活を送っているのかは分からない。あの時、一緒に走り回った彼女の子供たちも、今では当時の僕らと同じ年齢になっている。手元にはたった一枚、みんなで写した写真がある。いつでも連絡が取れると思っていれば、もしかすると、こんなに大切にはしていなかったのではないかと思う。(本文より)


この町で僕らはある一人の女性と出会った。船着き場から町中へ向かうタクシーの運転手さんで、僕らより少し年上のとても明るい人だった。(本文より)



「ここは高い」「あそこも高い」と一つ一つ魅惑のリゾート地が消えていき、結果的に残ったのが、ペルヘアティアン島という、今日覚えても明日には忘れてしまいそうな名前のマレーシアの孤島だった。

■  [PR]
# by izutsujimusyo | 2014-04-29 11:30 | 空の冒険
< 前のページ 次のページ >