イラストレーター井筒啓之のいろいろ
by izutsujimusyo
井筒啓之プロフィール
1955年生まれ
1984年 
日本イラストレーション展入選
1986年 
長沢節に師事
1998年 
講談社出版文化賞さし絵賞受賞

東京イラストレーターズ・ソサエティ会員

イラストレーションのご依頼は
お問い合わせ
こちらからお願いします

コメント・トラックバックは今スパムが来ていますのでしばらくコメント・トラックバック不可にします。あしからずご了承下さい。

ここに掲載された画像の
無断転載を禁じます。


1955年生まれ
1984年 
日本イラストレーション展入選
1986年 
長沢節に師事
1998年 
講談社出版文化賞さし絵賞受賞

東京イラストレーターズ・ソサエティ会員

イラストレーションのご依頼は
お問い合わせ
こちらからお願いします

コメント・トラックバックは
承認制としました。
反映に時間がかかります。

ここに掲載された画像の
無断転載を禁じます。


リンク

井筒啓之のHP


井筒りつこのブログ



TIS



face book



flickr


creema


カテゴリ
全体
自己紹介
海の時計
空の冒険
装画&表紙
愛は乱暴
葦舟、飛んだ
文芸誌さし絵
8月の果て
その他さし絵
広告関係
装幀
小説宝石表紙
フラワーデザイナー
エスクァイア
ジュン・アシダ
花時間
青山塾
展覧会出品用作品
渋谷東急ハンズHINT7
その他
仕事のあれこれ
生活のあれこれ
ビビとチャコ
未分類
ブログパーツ
以前の記事
2015年 07月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
廣實さん、コメント有難う..
by izutsujimusyo at 14:10
垣根さんってこういう方な..
by 廣實 at 22:58
お返事ありがとうございま..
by はる at 01:22
はるさん コメントあり..
by izutsujimusyo at 14:22
ここの 「表現の自由..
by はる at 22:05
こんにちは!とても素敵な..
by izutsujimusyo at 14:45
詩とファンタジー秋茜号の..
by いしぜきけいこ at 22:09
メロス好きさん ありが..
by izutsujimusyo at 22:49
この画像使わせていただい..
by メロス好き at 21:27
すずきいつこさん ええ..
by izutsujimusyo at 13:34
最新のトラックバック
Japanese Art..
from Pearltrees
行ってきました!ビキニデ..
from 保土ヶ谷エリアCのいちにち
セカンド・サイト 中野順一
from 粋な提案
すれ違う背中を<乃南アサ..
from デコ親父はいつも減量中
すれ違う背中を [乃南アサ]
from 小説のブログ
荻原浩「誘拐ラプソディー」
from ご本といえばblog
「おじいちゃんのカラクリ..
from はまゆうの犬・ぱそ・ぶろぐ
シネマ古今東西―150人..
from 忍者大好きいななさむ書房
8月の果て
from 小春日和 -Indian s..
エンドコール メッセージ..
from + ChiekoaLibra..
お気に入りブログ
花嫁の裏方
日々@好日
デザインのひきだし・制作日記
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧
携帯電話
番号が変わらないというので携帯電話を変えました。
もう5〜6年前の携帯を使っていたので、最近の携帯の機能に驚いています。(いや。もちろんある程度知ってはいましたが)
カメラなんか当たり前についているのですね。
このブログももっと画像をアップ出来そうです。

俳句界に描いた絵、とんでもない失敗をしてしまいました。
前の日記にも書いたように秋の月の絵を描いたのですが、11月からはもう冬だったのです。僕の不注意でした。描き直しですね。はい。
[PR]
by izutsujimusyo | 2006-10-30 17:35 | 生活のあれこれ
和田誠さんの個展
ついこの前和田さんの事を描いたばかりだけど・・・。
今日から表参道のHBギャラリーで和田さんの個展が始まります。
今回のテーマは「漫画」だそうです。

小説宝石の表紙の絵を月曜までに仕上げなければならいので(月曜の朝に自宅にバイク便が来る)最後の追い込み。
終わり次第表参道に行く予定。
[PR]
by izutsujimusyo | 2006-10-27 17:51 | 生活のあれこれ
負け犬の遠吠え
c0075725_1421536.jpg

「負け犬の遠吠え」が文庫になりました。

2002年から約一年間講談社の「インポケット」に連載され、さし絵をつけていました。
毎月読むのが面白くて、担当の編集者に感想を言うのが楽しみでした。
2003年の秋に単行本として刊行されるや、たちまち話題となり、ちまたでは「私も負け犬よ!」という人や「いや、負け犬なんかじゃない!」とかこの本を読んでない人まで巻き込んで2004年の暮れには流行語大賞までとってしまいました。

文庫化にあたりあとがきを林真理子さんが書いているのですが、あの大騒ぎを冷静に分析していて面白いです。

表紙の絵は親本に比べて画像が悪いですね。
もう少し薄いグレーのはずです。
[PR]
by izutsujimusyo | 2006-10-26 14:34 | 仕事のあれこれ
喰いたい放題
c0075725_14301666.jpg

光文社
色川武大 著
間村俊一 装幀 
井筒啓之 画
色川武大さんの文庫です。
この表紙の絵を気に入ってくださった、色川夫人がお寿司をご馳走してくれました。
僕もこの絵は我ながら良くできたと思っています。
光文社の小林さんから、タコと蟹とふぐと鰻を描いて欲しいというオーダーでした。
僕のリアルな絵とデフォルメの絵との中間ぐらいがちょうどいいのではないかという事で小林さんと意見が一致。
資料を揃えてスケッチをするような気分で描きました。
装幀は間村俊一さんです。
僕の絵を上手にトリミングしてくれて文字の入り方も抜群です。
[PR]
by izutsujimusyo | 2006-10-24 12:53 | 装画&表紙
肩こり
先週末、首筋、肩、背中の凝りがひどく、日曜の午前中鍼と指圧に行ってきました。
おかげで今日はずいぶん体が楽になっています。
でも今朝ストレッチをしてみたら身体全体がカチカチでした。
やはり毎日少しずつでも身体をほぐさないとだめですね。

例の小説宝石の表紙。
12月号も引き続き僕がやることになりました。
今回はあまり時間がありません。
さてどんな女の子を描きましょうか?
[PR]
by izutsujimusyo | 2006-10-23 16:56 | 生活のあれこれ
和田誠さん
昨日の青山塾の授業は舟橋全二さん。
ゲストはアートディレクターの青葉益輝さん。
課題は「週刊文春」の表紙を描く。

というわけで、それを数日前に知った和田誠さんが本日飛び入りで
教室にいらっしゃいました。

和田さんにはいつもいろんなところで面白い話を聞かせてもらっているのだけど、改めて「週刊文春」のお仕事の話しを伺う機会はなかなか無かった。
和田さんが表紙を描き始めて「あと半年で30年」だそうだ。

和田さんの仕事の中でも、週刊文春の表紙の絵に関してはずいぶん前から興味を持っていた(25年ほどまえからずっと買っている)。画材(ガッシュ)が同じだし、描く時のモチーフに対するアプローチも似ているような気がしていたからだ。

ガッシュというのは手軽で使いやすい面もあるのだけど、水性なので修正が難しいし、一度塗った上にまた色を置いたりするのも難しい。また色によってはフラットに塗れないものも多い。
ぼくもガッシュを使い始めて30年ぐらい経つので、僕なりにガッシュとは友達関係ができているけれど、和田さんとガッシュの関係を見ていると、僕よりずいぶん仲が良さそうだ。

自分もいつかこんな境地になれたらいいなと思って毎週買って見ている。
[PR]
by izutsujimusyo | 2006-10-21 09:37 | 青山塾
液晶
今日から仕事場は、パソコンが2台になった。
新しい方のモニターは液晶画面だ。
ビックリするほど鮮やかで、でも目に悪そうな気もする・・・。

「俳句界」の仕事で今月は月を描いた。
月は秋の季語だったのだ。
月が一番きれいに見える季節が秋なのだと、歳時記に書いてあった。

ほつと月がある東京に来てゐる   種田山頭火

自宅のベランダから見たいっとうきれいだった月を思い出して描いてみた。
[PR]
by izutsujimusyo | 2006-10-20 18:23 | 生活のあれこれ
ちょいと一杯のつもりで
昨日の夜は青山塾。
帰り道本当にちょっとビール一杯のつもりで立ち寄ったお店に知りあいが・・・。

帰るタイミングを見計らっているとまた知りあいが・・・。
結局家に着いたのは午前4時近くになってしまった。

わかっちゃいるけどやめられないんです。
[PR]
by izutsujimusyo | 2006-10-19 19:56 | 生活のあれこれ
難儀でござる
c0075725_1351746.jpg

光文社
岩井三四二 著
間村俊一 装幀
井筒啓之 画
2006年

どこかで安倍晋三さんが読んでいると言ったらしい。
本屋に行くと僕が表紙を描いたこの本が平積みになっていた。
装幀は間村俊一さん

何をどんな風に描いても良いと編集者にも間村さんにも言われて、逆に何を描いて良いのか迷いに迷った作品だけど、時代物はのびのび描けて楽しい。
[PR]
by izutsujimusyo | 2006-10-18 16:48 | 装画&表紙
夕暮れ
ずいぶんと陽が落ちるのも早くなってきました。
なんだか淋しい気もするけど、秋の夜長を楽しめっていう事ですね。

ここのところ時間ができるとビリヤードに行ってスリークッションをメインに遊んでいるのですけど、その甲斐あってか先週の土曜持ち点がひとつ増えました。
で、昨日その持ち点で撞いたらまた2回連続で上がりました。

この年でも少しずつ上達できる実感を味わえるのは嬉しい事です。
[PR]
by izutsujimusyo | 2006-10-17 18:38 | 生活のあれこれ