イラストレーター井筒啓之のいろいろ
by izutsujimusyo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
井筒啓之プロフィール
1955年生まれ
1984年 
日本イラストレーション展入選
1986年 
長沢節に師事
1998年 
講談社出版文化賞さし絵賞受賞

東京イラストレーターズ・ソサエティ会員

イラストレーションのご依頼は
お問い合わせ
こちらからお願いします

コメント・トラックバックは今スパムが来ていますのでしばらくコメント・トラックバック不可にします。あしからずご了承下さい。

ここに掲載された画像の
無断転載を禁じます。


1955年生まれ
1984年 
日本イラストレーション展入選
1986年 
長沢節に師事
1998年 
講談社出版文化賞さし絵賞受賞

東京イラストレーターズ・ソサエティ会員

イラストレーションのご依頼は
お問い合わせ
こちらからお願いします

コメント・トラックバックは
承認制としました。
反映に時間がかかります。

ここに掲載された画像の
無断転載を禁じます。


リンク

井筒啓之のHP


井筒りつこのブログ



TIS



face book



flickr


creema


カテゴリ
全体
自己紹介
海の時計
空の冒険
装画&表紙
愛は乱暴
葦舟、飛んだ
文芸誌さし絵
8月の果て
その他さし絵
広告関係
装幀
小説宝石表紙
フラワーデザイナー
エスクァイア
ジュン・アシダ
花時間
青山塾
展覧会出品用作品
渋谷東急ハンズHINT7
その他
仕事のあれこれ
生活のあれこれ
ビビとチャコ
未分類
ブログパーツ
以前の記事
2015年 07月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
廣實さん、コメント有難う..
by izutsujimusyo at 14:10
垣根さんってこういう方な..
by 廣實 at 22:58
お返事ありがとうございま..
by はる at 01:22
はるさん コメントあり..
by izutsujimusyo at 14:22
ここの 「表現の自由..
by はる at 22:05
こんにちは!とても素敵な..
by izutsujimusyo at 14:45
詩とファンタジー秋茜号の..
by いしぜきけいこ at 22:09
メロス好きさん ありが..
by izutsujimusyo at 22:49
この画像使わせていただい..
by メロス好き at 21:27
すずきいつこさん ええ..
by izutsujimusyo at 13:34
最新のトラックバック
Japanese Art..
from Pearltrees
行ってきました!ビキニデ..
from 保土ヶ谷エリアCのいちにち
セカンド・サイト 中野順一
from 粋な提案
すれ違う背中を<乃南アサ..
from デコ親父はいつも減量中
すれ違う背中を [乃南アサ]
from 小説のブログ
荻原浩「誘拐ラプソディー」
from ご本といえばblog
「おじいちゃんのカラクリ..
from はまゆうの犬・ぱそ・ぶろぐ
シネマ古今東西―150人..
from 忍者大好きいななさむ書房
8月の果て
from 小春日和 -Indian s..
エンドコール メッセージ..
from + ChiekoaLibra..
お気に入りブログ
花嫁の裏方
日々@好日
デザインのひきだし・制作日記
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧
天上の白い笑み
c0075725_1441588.jpg

光文社
桐生典子 著
川上成夫 装幀
井筒啓之 画
2007年

これも出来たてのほやほや。
この女性は川上さんの要望で描いた。
いい女!ってかんじで。
モノクロの人物にどこかに色を入れる、僕がよくやるやつだけど、イアリングとネックレスに色を入れた。
川上さんのところの女性のスタッフからネックレスを描くときのアドバイスを受けた。
女性を描くときは、やはり流行は無視できない。
[PR]
by izutsujimusyo | 2007-06-28 14:13 | 装画&表紙
TOKYO illustration 2007
c0075725_13284546.jpg

今日から国立新美術館で我々の団体、東京イラストレーターズソサエティが主催する展覧かが始まります。
ポスターの絵は今回公募部門で大賞を受賞した、北村佳奈さんの作品です。

TOKYO illustration 2007

会 期 : 2006年6月27日(水)〜7月9日(月)
時 間 : 10:00am-6:00pm
    (最終日は4:00pmまで/入場は終了30分前)
場 所 : 国立新美術館  東京都港区六本木7-22-7 
入場料 : 一般500円 学生300円
    ( 小学生以下・障害をお持ちの方と介護者は無料)

『TOKYO illustration 2007公募』による入賞・入選作品約130点に加え、TIS会員の作品約200点。
また特別企画として往年に活躍された名イラストレーターの作品約25点、小学生を対象としたワークショップ 作品を展示します。

会員の描くテーマは「人間がこれをつくった」です。
テーマとはいうものの、よく考えれば何を描いてもいいような幅の広いテーマですが、イラストレーターのものの見方や社会性が見えてくるのではないでしょうか。
1988年に創設して約20年、世界に誇るべき日本のイラストレーターの、日本で唯一の団体の節目になるような展覧会になります。

イラストレーションという言葉が独り立ちし、様々な価値観のなかで多様化するなか、
イラストレーションの世界は混迷しています。
プロとアマチュアの境が曖昧になり、プロとアマチュアを見極める目も弱まり、ある意味イラストレーションの危機的状況にあると思います。

我々の団体は約50年前に日本のイラストレーターの創始者たちが切り開いたイラストレーションの伝統を引き継ぐ、いわば本流のイラストレーターの集合体です。
(本流があるからアバンギャルドも成立するのです)
是非この機会に本物のイラストレーションをご覧ください。
[PR]
by izutsujimusyo | 2007-06-27 14:08 | 仕事のあれこれ
昼寝するお化け
c0075725_1340595.jpg

小学館
週刊ポスト
曾野綾子 文
井筒啓之 画
2007年

僕の仕事の中では最も長く続いている仕事です。
15年ぐらいかな?
実は文章を読まずに描いてほしい、というようなことを連載が始まる前に曾野さんの意向ですと伝えられ、まったく自由にやらせてもらっています。

自由といっても、曾野さんのエッセイの雰囲気に合うような、なおかつ文章のイメージをこわさないような絵を考えなければなりませんから、逆に難しい面もあります。

ただ最近はあまり難しく考えずに、経験の中から得た「昼寝するお化けのイラストレーション」を楽しんで描いています。
たまにものすごくいい絵が出来たりします。
[PR]
by izutsujimusyo | 2007-06-26 13:56 | 文芸誌さし絵
小説宝石
c0075725_14133255.jpg

光文社
小説宝石
蝦名龍郎 アートディレクション
井筒啓之 画
2005年

2年前の小説宝石の7月号の表紙。
このシリーズ、いつも立ちポーズの女性姿を描いていた。
座っている女性を描いてもいいのだけど、撮影のことを考えるとなかなか難しいかなと思っていた。
いろいろなケースを考えて椅子も一緒に描いたのだけど、蝦名さんのほうで人物だけをトリミングして椅子は実物を使った。
足元を良く見ていただけるとわかるのだが、女性の足と椅子の脚の位置関係がおかしい。
でもまあ、このぐらいの誤差なら良しとするか。
[PR]
by izutsujimusyo | 2007-06-25 14:25 | 小説宝石表紙
灘本唯人さんとトークショー
今日は夜、灘本唯人さんとトークショー。
灘本さんは1926年生まれ。1956年山陽電車宣伝部を経て、1961年早川良雄デザイン事務所に入社。
日本の戦後のデザイン・イラストレーションの生き証人だ。

でも多分そんな堅い話にはならないだろうな。
灘本さんの意向で打ち合わせなし、ぶっつけ本番でいくそうだ。
灘本さんはとても話しやすい方なのでリラックスはしているが、
多分知らず知らず緊張すると思うので、朝一で鍼と指圧に行ってきた(笑
[PR]
by izutsujimusyo | 2007-06-23 13:08 | 仕事のあれこれ
ランニングシャツを着ている田中部長はなぜ仕事ができないのか
c0075725_145438100.jpg

ビジネス社
安藤弘一 著
熊澤正人+大谷昌稔(パワーハウス) 装幀
井筒啓之 画
2006年

この絵は以前東京イラストレーターズソサエティの展覧会のために描きおろしたもので、このブログにもアップしたことがある。
その作品を玄光社の「イラストレーションファイル」に掲載したら、それを見てこの仕事が来た。原画は売れて人手に渡っていたのだが、データが事務局に残っていたので、それを使ってもらうことにした。
こういう場合、権利関係はどうなのかと思って一応確認した記憶がある。
[PR]
by izutsujimusyo | 2007-06-22 15:05 | 装画&表紙
女たちのジハード
c0075725_16343653.jpg

文藝春秋
オール読物
篠田節子 文
井筒啓之 画

ご覧のように第117回直木賞受賞作としてオール読物に掲載されたときに僕がさし絵をつけています。
で、この絵が講談社出版文化賞さし絵賞の対象作品だったのです。
ブログのネタ探しに戸棚の中をごそごそやっていたら、これが特別にプラスチックケースにしまわれていました。
[PR]
by izutsujimusyo | 2007-06-20 16:45 | 文芸誌さし絵
風の墓碑銘
c0075725_13463561.jpg

新潮社
乃南アサ 著
新潮社装幀室 装幀
井筒啓之 画
2006年

週刊新潮で2005年6月から2006年6月まで一年間連載された音道シリーズ。
その時さし絵を描いていたのが僕。

先日新潮社の二宮さんが来たときに、このカバーの絵がとても評判が良くて、と話してくれた。売れ行きの方も予想以上ということで、なによりでした。
タイトル文字と隅田川の風景は連載時のものを使って、音道と空と雲を描きおろしています。
筆の線を主体に描くというのは、僕のさし絵の描き方のひとつですが、リアルな描写で装幀に使うのは珍しいです。
[PR]
by izutsujimusyo | 2007-06-18 14:00 | 装画&表紙
エキサイトの不具合
6月に入ってからブログの表示に不具合が起きているようです。
表示が出来なかったり、遅かったり。

エキサイトからのお知らせで

今回のメンテナンスにより、ページがまったく表示できないという状況は改善されたと見ておりますが、画像表示が遅い状況は依然続いており、完全な不具合の解消には至っておりません。
引き続き、各方面での検証・調整を続けてまいります。

こんなふうに書いてありました。

僕のブログは画像が大きいので、ずいぶんご迷惑をお掛けしているのではないかと心配なのですが・・・。

今日は二宮さんが新潮社の装幀室の人という立場で、仕事の依頼にいらっしゃいました。
乃南アサさんが小説新潮とヨムヨムで連載していた、下町を舞台にした小説の表紙を頼まれました。
[PR]
by izutsujimusyo | 2007-06-14 18:02 | 生活のあれこれ
ジュン・アシダPR誌
c0075725_16311069.jpg

JA
佐藤愛子 文
井筒啓之 画
制作年月日不明

このシリーズの中で、かなり気に入っている作品。

僕はモチーフとして2001年ぐらいからニューバランスの966をよく描いていたけれど、これはもう生産中止になっているらしく、手に入らない。
困ったな、と思っている。
[PR]
by izutsujimusyo | 2007-06-13 16:39 | ジュン・アシダ