イラストレーター井筒啓之のいろいろ
by izutsujimusyo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
井筒啓之プロフィール
1955年生まれ
1984年 
日本イラストレーション展入選
1986年 
長沢節に師事
1998年 
講談社出版文化賞さし絵賞受賞

東京イラストレーターズ・ソサエティ会員

イラストレーションのご依頼は
お問い合わせ
こちらからお願いします

コメント・トラックバックは今スパムが来ていますのでしばらくコメント・トラックバック不可にします。あしからずご了承下さい。

ここに掲載された画像の
無断転載を禁じます。


1955年生まれ
1984年 
日本イラストレーション展入選
1986年 
長沢節に師事
1998年 
講談社出版文化賞さし絵賞受賞

東京イラストレーターズ・ソサエティ会員

イラストレーションのご依頼は
お問い合わせ
こちらからお願いします

コメント・トラックバックは
承認制としました。
反映に時間がかかります。

ここに掲載された画像の
無断転載を禁じます。


リンク

井筒啓之のHP


井筒りつこのブログ



TIS



face book



flickr


creema


カテゴリ
全体
自己紹介
海の時計
空の冒険
装画&表紙
愛は乱暴
葦舟、飛んだ
文芸誌さし絵
8月の果て
その他さし絵
広告関係
装幀
小説宝石表紙
フラワーデザイナー
エスクァイア
ジュン・アシダ
花時間
青山塾
展覧会出品用作品
渋谷東急ハンズHINT7
その他
仕事のあれこれ
生活のあれこれ
ビビとチャコ
未分類
ブログパーツ
以前の記事
2015年 07月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
廣實さん、コメント有難う..
by izutsujimusyo at 14:10
垣根さんってこういう方な..
by 廣實 at 22:58
お返事ありがとうございま..
by はる at 01:22
はるさん コメントあり..
by izutsujimusyo at 14:22
ここの 「表現の自由..
by はる at 22:05
こんにちは!とても素敵な..
by izutsujimusyo at 14:45
詩とファンタジー秋茜号の..
by いしぜきけいこ at 22:09
メロス好きさん ありが..
by izutsujimusyo at 22:49
この画像使わせていただい..
by メロス好き at 21:27
すずきいつこさん ええ..
by izutsujimusyo at 13:34
最新のトラックバック
Japanese Art..
from Pearltrees
行ってきました!ビキニデ..
from 保土ヶ谷エリアCのいちにち
セカンド・サイト 中野順一
from 粋な提案
すれ違う背中を<乃南アサ..
from デコ親父はいつも減量中
すれ違う背中を [乃南アサ]
from 小説のブログ
荻原浩「誘拐ラプソディー」
from ご本といえばblog
「おじいちゃんのカラクリ..
from はまゆうの犬・ぱそ・ぶろぐ
シネマ古今東西―150人..
from 忍者大好きいななさむ書房
8月の果て
from 小春日和 -Indian s..
エンドコール メッセージ..
from + ChiekoaLibra..
お気に入りブログ
花嫁の裏方
日々@好日
デザインのひきだし・制作日記
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
葦舟、飛んだ86「まいごの、まいごの」
c0075725_1452199.jpg

毎日新聞連載小説
津島佑子 作
井筒啓之 画
2009年7月14日

「屋上のまばゆくひかるへりに、なにかが見える。
小鳥の群れではなく、子どもたちの群れ?
船の舳先から身を乗り出すように、
金色にひかる子どもたちが屋上のへりにむらがって、
わたしたちを見おろしている?
そんなばかな。
昭子はあわててまばたきをくり返した。」
[PR]
by izutsujimusyo | 2011-10-26 14:54 | 葦舟、飛んだ
葦舟、飛んだ85「まいごの、まいごの」
c0075725_14474149.jpg

毎日新聞連載小説
津島佑子 作
井筒啓之 画
2009年7月13日

「昭子は口をきつく結んで歩きつづける。
さびた鉄扉を過ぎると、灰色の塀になる。
塀の内側には、物置なのか、
なにかの建物が並んでいるので、
校庭の様子を外からのぞくことはできない。
やがて塀が校舎の壁に変わり、
五メートルほど歩くと、鉄柵の門扉になる。
そこが小学校への入り口だった。」
[PR]
by izutsujimusyo | 2011-10-26 14:51 | 葦舟、飛んだ
ひとつ目女・文庫
c0075725_13211994.jpg

文藝春秋社
椎名誠 著
上楽藍 装幀
井筒啓之 装画
2011年
以前は文藝春秋の野中さんがデザインをしてくれたのだが
文庫は上楽さんという人だ。
文字だけ変わっただけで大きくデザインが
変わったわけじゃないが、なんとなく印象が変わる。
「目」の文字の中に僕がお面に描いた目が
簡略化され使ってある。
[PR]
by izutsujimusyo | 2011-10-24 13:26 | 装画&表紙
ビビの日向ぼっこ
c0075725_1902537.jpg

冬が近づくとだんだんとベランダの窓から入り込む
日差しが長くなってくる。
晴れた日の午前中は暖かくて気持ちがいい。
この時期は窓も開けるので開けた気配がわかると
すぐに此処へやってくる。
[PR]
by izutsujimusyo | 2011-10-23 19:05 | ビビとチャコ
陣星、翔ける
c0075725_12472541.jpg

c0075725_1361612.jpg

祥伝社
宮本昌孝 著
井筒事務所・井筒りつこ 装幀
井筒啓之 装画
2011年

陣星、翔ける(いくさぼし、かける)
諸国を気ままに放浪し、必ずや劣勢の陣に
味方する無敵の男、人呼んで「陣借り平助」
好物は白米、弱点は女子。
愛馬、丹楓とともに天下無双の武人が
擾乱の世を駆け抜ける!
(帯より)

装幀のデザインも任せていただける時は
絵も文字も一緒に配置した形で考えるので
描きやすいかもしれないです。
あと、帯の部分に編集の方が思いを
込めてキャッチを考えられるので
そういうことを伝えるのも勉強になります。

今日見本が届いたので近日中に
本屋さんの店頭に並ぶでしょう。
よろしくお願いします。
[PR]
by izutsujimusyo | 2011-10-20 12:53 | 装画&表紙
葦舟、飛んだ84「まいごの、まいごの」
c0075725_12431793.jpg

毎日新聞連載小説
津島佑子 作
井筒啓之 画
2009年7月11日

「揺れる人影は、腰の曲がった、かなり高齢らしい
おばあさんだった。チビの昭子から見ても、
小さな、小さなおばあさん。
頭をグレイのストールでおおい、裾の長い
カーディガンやセーターを何枚も重ねて着ぶくれた体を、
いかにも重そうに運ぶ。そして、昭子は気がついた。
そのおばあさんの眼ははっきり昭子に向けられ、
口も動き、なにかを語りかけようとしていた。」

小説のさし絵で人物を描くときは読者のイメージを
壊さないように配慮している。
だからといって人物の顔を描かないのも不自然。
このシリーズは抽象的な表現で通しているから
顔も真正面から描くことも多い。
基本の路線が写実に近い場合、主人公やその周辺の
人物はキャラクター設定的な決め事をする。
随分前の話だけど藤堂志津子さんの連載の
さし絵を描いたときは実際のモデルをお願いして
資料作りをしたことがある。
[PR]
by izutsujimusyo | 2011-10-19 12:55 | 葦舟、飛んだ
葦舟、飛んだ83「まいごの、まいごの」
c0075725_13183443.jpg

毎日新聞連載小説
津島佑子 作
井筒啓之 画
2009年7月10日

「むかしの子どもたちが届けてくれたものを。
なにかを、長いあいだ、探しつづけていた。
そう、五十年ものあいだ。それがやっと見つかったから、
とりあえずここに置いておくよ、とささやく
むかしの子どもたちの息づかいを、小さな指さきを、
一瞬、感じた。そんな夢のようなことが、
現実に起こるわけはないのに。」
[PR]
by izutsujimusyo | 2011-10-18 13:22 | 葦舟、飛んだ
霧の城 岩井三四二
c0075725_1645388.jpg

実業之日本社
岩井三四二 著
泉沢光雄 装幀
井筒啓之 装画
2011年

岩井さんの本の中でも異色の戦国ものだと思います。
姫の横顔というのは僕の時代ものの中では
初めての試みです。
20日頃に店頭に並ぶそうなのでよろしくお願いします。
[PR]
by izutsujimusyo | 2011-10-17 16:53 | 装画&表紙
葦舟、飛んだ82「まいごの、まいごの」
c0075725_1345710.jpg

毎日新聞連載小説
津島佑子 作
井筒啓之 画
2009年7月9日

「路地の両側には、ブロックや発泡スチロールで作
られた花壇が置かれ、けっこう大きな常緑樹も
何本か枝を伸ばしている。
この場所には不似合いなシュロの木も見える。
育ちすぎた自分の大きさをもてあますように、
シュロはその葉をだらしなく垂らしていた。」
[PR]
by izutsujimusyo | 2011-10-17 13:15 | 葦舟、飛んだ
葦舟、飛んだ81「まいごの、まいごの」
c0075725_13411938.jpg

毎日新聞連載小説
津島佑子 作
井筒啓之 画
2009年7月8日

「信号が青になるのを待ってから、ふたりは並んで横断歩道を渡った。
校舎の表側には近づかず、そのまま、空き地のわきにある隙間に向かった。
時間が経つにつれ、空き地に差しこむ斜めの光は強くなっている。
乾ききった枯れ草が金色にひかる。その空き地に添って、
予想通り、細い道が奥につながっていた。
ここかな。でも、ちがう気もする。なんにも、見おぼえがない……。
路地の前にたたずんで、昭子は困惑した声を出した。」

僕が仕事場にしているマンションは僕が通っていた
小学校のすぐそばにある。
だから子供の頃に通った道と同じ道を歩いて
仕事場に来ているのだ。
僕にとっては昔のままのこの街なんだけど
実際は大きなマンションが立ち並んでいるし
住宅もきれいな家が並んでいる。
逆に住み慣れているから街の変化に気づいてないんだろうね。
[PR]
by izutsujimusyo | 2011-10-12 13:59 | 葦舟、飛んだ