イラストレーター井筒啓之のいろいろ
by izutsujimusyo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
井筒啓之プロフィール
1955年生まれ
1984年 
日本イラストレーション展入選
1986年 
長沢節に師事
1998年 
講談社出版文化賞さし絵賞受賞

東京イラストレーターズ・ソサエティ会員

イラストレーションのご依頼は
お問い合わせ
こちらからお願いします

コメント・トラックバックは今スパムが来ていますのでしばらくコメント・トラックバック不可にします。あしからずご了承下さい。

ここに掲載された画像の
無断転載を禁じます。


1955年生まれ
1984年 
日本イラストレーション展入選
1986年 
長沢節に師事
1998年 
講談社出版文化賞さし絵賞受賞

東京イラストレーターズ・ソサエティ会員

イラストレーションのご依頼は
お問い合わせ
こちらからお願いします

コメント・トラックバックは
承認制としました。
反映に時間がかかります。

ここに掲載された画像の
無断転載を禁じます。


リンク

井筒啓之のHP


井筒りつこのブログ



TIS



face book



flickr


creema


カテゴリ
全体
自己紹介
海の時計
空の冒険
装画&表紙
愛は乱暴
葦舟、飛んだ
文芸誌さし絵
8月の果て
その他さし絵
広告関係
装幀
小説宝石表紙
フラワーデザイナー
エスクァイア
ジュン・アシダ
花時間
青山塾
展覧会出品用作品
渋谷東急ハンズHINT7
その他
仕事のあれこれ
生活のあれこれ
ビビとチャコ
未分類
ブログパーツ
以前の記事
2015年 07月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
廣實さん、コメント有難う..
by izutsujimusyo at 14:10
垣根さんってこういう方な..
by 廣實 at 22:58
お返事ありがとうございま..
by はる at 01:22
はるさん コメントあり..
by izutsujimusyo at 14:22
ここの 「表現の自由..
by はる at 22:05
こんにちは!とても素敵な..
by izutsujimusyo at 14:45
詩とファンタジー秋茜号の..
by いしぜきけいこ at 22:09
メロス好きさん ありが..
by izutsujimusyo at 22:49
この画像使わせていただい..
by メロス好き at 21:27
すずきいつこさん ええ..
by izutsujimusyo at 13:34
最新のトラックバック
Japanese Art..
from Pearltrees
行ってきました!ビキニデ..
from 保土ヶ谷エリアCのいちにち
セカンド・サイト 中野順一
from 粋な提案
すれ違う背中を<乃南アサ..
from デコ親父はいつも減量中
すれ違う背中を [乃南アサ]
from 小説のブログ
荻原浩「誘拐ラプソディー」
from ご本といえばblog
「おじいちゃんのカラクリ..
from はまゆうの犬・ぱそ・ぶろぐ
シネマ古今東西―150人..
from 忍者大好きいななさむ書房
8月の果て
from 小春日和 -Indian s..
エンドコール メッセージ..
from + ChiekoaLibra..
お気に入りブログ
花嫁の裏方
日々@好日
デザインのひきだし・制作日記
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 10月 ( 43 )   > この月の画像一覧
海の時計100
c0075725_13281279.jpg

藤堂志津子 作
井筒啓之 画
7月もなかばにさしかかると、札幌も連日のように
暑い日がつづきはじめた。(中略)
北海道の夏はひんやりとしてすごしやすい、とは
道外からやってきた観光客が口をそろえて言う台詞だった。
(本文より)

この回もこの時計台が描かれているわけではないが
「北海道」のことを描いていることと「観光客」という
キーワードでこの有名な絵葉書的な時計台がピッタリかと
思って描いた。
[PR]
by izutsujimusyo | 2012-10-30 13:32 | 海の時計
海の時計99
c0075725_13195565.jpg

藤堂志津子 作
井筒啓之 画
下田に帰った伊沙子からは、あれ以来とんと音沙汰がなかった。
(中略)
だから、相馬が久美と関係したと告白したとき、
水穂のとっさの第一声は「嘘でしょ?」。
実際、相馬がからかっているとしか思えなかったのである。

この回は水穂が母や姉のことに思いを巡らせている場面。
こういうシーンは文章に出てこないが、
充分さし絵の役割は果たしている。
[PR]
by izutsujimusyo | 2012-10-30 13:27 | 海の時計
海の時計98
c0075725_134963.jpg

藤堂志津子 作
井筒啓之 画
徳子はすっかり早坂が気に入ったらしく、彼が帰った
直後の昼食のテーブルでも、まだそれに引きつづき
夕食の席でも、盛んに話題に持ちだしてきた。
(本文より)
僕はこの水穂の顔がず〜っと気になっていた。
あらためて見直すと、「いかにも可愛い」顔の描き方を
している。女性を描く時は可愛いと下品は紙一重。
とくに目の描き方に注意せよ、ですね。
[PR]
by izutsujimusyo | 2012-10-30 13:17 | 海の時計
海の時計97
c0075725_12573645.jpg

藤堂志津子 作
井筒啓之 画
一瞬後、水穂は胸のなかで舌打ちしていた。
食卓用のテーブルの前に早坂がすわっているではないか。
そして、さも打ちとけた親しげげな顔つきと口ぶりで、
流し台に立つ徳子にしきりと話しかけている。
[PR]
by izutsujimusyo | 2012-10-30 13:02 | 海の時計
海の時計96
c0075725_13173467.jpg

藤堂志津子 作
井筒啓之 画
翌朝七時すぎに目ざめた水穂は、自分がなぜパジャマではなく
ジーン姿でベッドに寝ていたかの理由を思い出し、
あわてて廊下のななめむかいの伊沙子の部屋へ行ってみた。
[PR]
by izutsujimusyo | 2012-10-26 13:21 | 海の時計
海の時計95
c0075725_13121562.jpg

藤堂志津子 作
井筒啓之 画
「ほら、ここから階段。気をつけて」
「うん、わかった、階段ね・・・」
水穂が先に階段をおりはじめ、もう一度早坂に
注意しようと上を見上げた瞬間だった。
早坂のからだがころげ落ちてきた。
(本文より)
[PR]
by izutsujimusyo | 2012-10-26 13:17 | 海の時計
海の時計94
c0075725_1353492.jpg

二階にもどると、水穂がいないあいだにあちこち
かきまわさずにこうしていたと、案に弁明する
つもりなのか、早坂は、床に正座していた。
(本文より)
[PR]
by izutsujimusyo | 2012-10-26 13:09 | 海の時計
海の時計93
c0075725_132988.jpg

藤堂志津子 作
井筒啓之 画
タクシーは、やがて水穂の家に着いた。
「へえ、これが上原さんちですか」
「いまは祖母とふたり暮らし」
[PR]
by izutsujimusyo | 2012-10-26 13:04 | 海の時計
ヘタな人生論より夏目漱石
c0075725_12524486.jpg

河出書房新社
本田有明 著
阿部元和 装丁
井筒啓之 画
今日届きました本です。もうすぐ書店に並ぶと思います。
「この混迷の現代、自分を見失うことなく、
まっすぐに生きる知恵がここにある!!」
これが帯ネームです。
[PR]
by izutsujimusyo | 2012-10-25 12:56 | 装画&表紙
海の時計92
c0075725_13493934.jpg

藤堂志津子 作
井筒啓之 画
「それじゃあ、早坂さん、私はここでタクシーを拾いますから」
「もう少しつきあって下さいよ」
そう言いながら早坂は水穂の、タンクトップの上にはおった
綿のカーディガンのはしを握ってはなさない。
[PR]
by izutsujimusyo | 2012-10-24 13:53 | 海の時計