イラストレーター井筒啓之のいろいろ
by izutsujimusyo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
井筒啓之プロフィール
1955年生まれ
1984年 
日本イラストレーション展入選
1986年 
長沢節に師事
1998年 
講談社出版文化賞さし絵賞受賞

東京イラストレーターズ・ソサエティ会員

イラストレーションのご依頼は
お問い合わせ
こちらからお願いします

コメント・トラックバックは今スパムが来ていますのでしばらくコメント・トラックバック不可にします。あしからずご了承下さい。

ここに掲載された画像の
無断転載を禁じます。


1955年生まれ
1984年 
日本イラストレーション展入選
1986年 
長沢節に師事
1998年 
講談社出版文化賞さし絵賞受賞

東京イラストレーターズ・ソサエティ会員

イラストレーションのご依頼は
お問い合わせ
こちらからお願いします

コメント・トラックバックは
承認制としました。
反映に時間がかかります。

ここに掲載された画像の
無断転載を禁じます。


リンク

井筒啓之のHP


井筒りつこのブログ



TIS



face book



flickr


creema


カテゴリ
全体
自己紹介
海の時計
空の冒険
装画&表紙
愛は乱暴
葦舟、飛んだ
文芸誌さし絵
8月の果て
その他さし絵
広告関係
装幀
小説宝石表紙
フラワーデザイナー
エスクァイア
ジュン・アシダ
花時間
青山塾
展覧会出品用作品
渋谷東急ハンズHINT7
その他
仕事のあれこれ
生活のあれこれ
ビビとチャコ
未分類
ブログパーツ
以前の記事
2015年 07月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
廣實さん、コメント有難う..
by izutsujimusyo at 14:10
垣根さんってこういう方な..
by 廣實 at 22:58
お返事ありがとうございま..
by はる at 01:22
はるさん コメントあり..
by izutsujimusyo at 14:22
ここの 「表現の自由..
by はる at 22:05
こんにちは!とても素敵な..
by izutsujimusyo at 14:45
詩とファンタジー秋茜号の..
by いしぜきけいこ at 22:09
メロス好きさん ありが..
by izutsujimusyo at 22:49
この画像使わせていただい..
by メロス好き at 21:27
すずきいつこさん ええ..
by izutsujimusyo at 13:34
最新のトラックバック
Japanese Art..
from Pearltrees
行ってきました!ビキニデ..
from 保土ヶ谷エリアCのいちにち
セカンド・サイト 中野順一
from 粋な提案
すれ違う背中を<乃南アサ..
from デコ親父はいつも減量中
すれ違う背中を [乃南アサ]
from 小説のブログ
荻原浩「誘拐ラプソディー」
from ご本といえばblog
「おじいちゃんのカラクリ..
from はまゆうの犬・ぱそ・ぶろぐ
シネマ古今東西―150人..
from 忍者大好きいななさむ書房
8月の果て
from 小春日和 -Indian s..
エンドコール メッセージ..
from + ChiekoaLibra..
お気に入りブログ
花嫁の裏方
日々@好日
デザインのひきだし・制作日記
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
渋谷東急ハンズ7階 HINT7で販売しています。
いま僕の描いたイラストレーションの原画を渋谷東急ハンズの7階の売り場HINT7の
ハンズ・ギャラリーマーケット
で販売しています。
いま出品している作品は、すべて5,000円です。
イラストレーションを買ってもらう、というよりインテリア雑貨として
いかがですか?という感じなのです。
ですからはがきサイズの絵(額入り)で、格安な値段設定にいました。
普段、ギャラリーなどでの販売は3万〜19万なので破格のお値段です。
本当に特別にここだけでの価格です。

ここにアップしている画像は展示したもの全てなので
何点かすでに売れている作品もあります。

お買い求めをご希望の方は直接お店でご購入してください。
(このサイトでは販売はいたしておりません。)
なお売り場での販売の情報は少し遅れてこちらに届きますので
お目当ての作品がある場合はお店までご確認をお願いいたします。

c0075725_1405411.jpg

↑商品番号202 販売価格5,000円(販売済み)

c0075725_142311.jpg

↑商品番号203 販売価格5,000円(販売済み)

c0075725_1425626.jpg

↑商品番号204 販売価格5,000円(販売済み)

c0075725_143476.jpg
 
↑商品番号203 販売価格5,000円(販売済み)

c0075725_1452720.jpg

↑商品番号206 販売価格5,000円(販売済み)


c0075725_1455497.jpg

↑商品番号207 販売価格5,000円(販売済み)

c0075725_1465272.jpg

↑商品番号208 販売価格5,000円(販売済み)

c0075725_1472991.jpg

↑商品番号209 販売価格5,000円(販売済み)

c0075725_1475821.jpg

↑商品番号210 販売価格5,000円(販売済み)

c0075725_148316.jpg

↑商品番号211 販売価格5,000円(販売済み)

c0075725_149992.jpg

↑商品番号212 販売価格5,000円(販売済み)

c0075725_1494462.jpg

↑商品番号213 販売価格5,000円

c0075725_13513417.jpg

↑商品番号214 販売価格5,000円

c0075725_13520100.jpg

↑商品番号215 販売価格5,000円

c0075725_13522272.jpg

↑商品番号216 販売価格5,000円(販売済み)
[PR]
by izutsujimusyo | 2012-11-27 13:35 | 渋谷東急ハンズHINT7
「小説・新島八重 勇婦、最後の祈り」 福本武久
c0075725_1239404.jpg

筑摩書房
福本武久 著
鈴木久美 装丁
井筒啓之 装画
1983年から秋にかけて筑摩書房から「会津おんな戦記」、
新潮社から「新島襄とその妻」を刊行した。
前者は会津若松時代の山本八重、後者は京都にやってきて
洋装洋髪のモダン・レディーとなった新島八重を描いており、
それぞれ自立した作品世界をなしている。
本書「小説・新島八重 勇婦、最後の祈り」はそ
れら連作のフィナーレである。(あとがきより)
[PR]
by izutsujimusyo | 2012-11-19 12:50 | 装画&表紙
「光秀曜変」 岩井三四二 著 光文社
c0075725_12545877.jpg

光文社
岩井三四二 著
間村俊一 装丁
井筒啓之 装画
今までの光文社から出ていた岩井三四二さんのシリーズとは
がらっと雰囲気を変えました。
いや、僕が変えたんじゃなく、編集の田中さんの意向です。
この本に描かれている明智光秀、一般的に思われている人物像とは
全く違う明智光秀なのです。
背丈体格も大男の文武両道の老武者。
そして深刻な問題を抱えた光秀。
「光秀曜変」かなりシリアスです。
ちょっと岩井さんにしても珍しい描き方です。

というわけで、今まで僕が描いていたほわっと可笑しみのある描き方ではなく
現代モノで描いているシリアスなリアルの絵でやってほしいというリクエストです。
編集の田中さんに「勝負したい時はいつも井筒です」という熱いメッセージ頂いた。
「田村はまだか」とかも田中さんが担当でした。

そんなこんなで間村俊一さんがインパクトのある装丁をしてくれました。
よろしくお願いします。
[PR]
by izutsujimusyo | 2012-11-16 13:10 | 装画&表紙
天才ジョニーの秘密
c0075725_12302267.jpg

評論社
エレナー・アップデール 著
こだま ともこ 訳
水野哲也 装丁
井筒啓之 装画
「母さんをたすけられるのは、ぼくだけなんだ!」
真犯人はだれ?
ジョニーの天才的なアイデアが
役立つ時がやってきた!(帯ネームより)

ぼくのジャンルの中でもこういうのは珍しいな、と
思いながら描いてました。
海外の少年物ミステリーも初。
背景と人物を同等の分量で描くというのもやったことがない。
背景と人物を同等の分量で描くとどちらを絵で訴えたいのか
分からなくなるから、こういう手法は避けてきました。
ただ今回はドラマ舞台がイギリスという事も「海外ミステリー」という
ジャンルを表現する重要な要素だったので、こういう絵になりました。
またこれでひとつ僕の引き出しが増えたわけです。
[PR]
by izutsujimusyo | 2012-11-14 12:35 | 装画&表紙
2013年度16期生徒募集に向けた公開授業のお知らせ
c0075725_14143731.jpg
11月25日日曜日に青山塾公開授業をやります。

申し込み方法はコチラまで

講師:井筒啓之、作田えつ子、舟橋全二、木内達朗
<内容>
イラストレーション青山塾は、1998年に開講し、次期で16期を迎えます。日ごろの授業では、イラストレーションの第一線で活躍する井筒啓之、作田えつ子、舟橋全二、木内達朗ら4人の専任講師が懇切丁寧に指導しています。また、灘本唯人、谷口広樹、網中いづる、奥原しんこ、上杉忠弘、といったイラストレーターはもちろんのこと、長友啓典、鈴木成一、祖父江慎、佐藤晃一、名久井直子といったデザイナーをゲスト講師に迎えるなど、イラストレーションを本格的に学びたい方に充実したプログラムを提供しています。

今回は、2013年度第16期生の募集にあたり、一日限定で公開授業をいたします。イラストレーションにご興味のある方、ぜひご参加ください。

当日は、第1部で井筒啓之・作田えつ子によるモデルドローイングの授業を行います。第2部では、舟橋全二・木内達朗による課題・講評の授業をします。日ごろの授業を実体験できます。

■開催日:2012年11月25日(日)
■時間:第1部 10:30~12:30 第2部 13:30~15:30
■会場:青山ブックセンター本店内
・大教室
■定員:各部 35名(定員に達し次第、受付を終了いたします)
■参加費:
第1部 1,890円(税込) ドローイング科 モデルドローイング授業
第2部 1,890円(税込) イラストレーション科 課題・講評授業
第1部・第2部 連続参加 3,150円(税込)
■持ち物:
・第1部ご参加の方:濃い鉛筆と消しゴム
・第2部の課題・講評ご参加の方:
事前に課題制作をしていただきます。お申し込み後、課題をお送りいたします。ご参加される方は、授業当日に、制作した課題をお持ちください。

■お問い合わせ:
イラストレーション青山塾事務局
TEL:03-5485-5513 Email:culture@boc.bookoff.co.jp
受付時間:10:00~20:00(土日祝日定休)
[PR]
by izutsujimusyo | 2012-11-06 14:14 | 青山塾
海の時計104
c0075725_1313024.jpg

藤堂志津子 作
井筒啓之 画
数日後の日曜日の午後、ポロシャツにジーンズ姿の早坂が、
大福餅をみやげに徳子のもとに遊びにやってきた。
「こんにちは、おじゃまします」
という玄関先の明るい大声ですぐに早坂だとわかったけれど、
水穂は仕事を中断させず、階下の居間におりていったのは、
それから一時間後だった。(本文より)
[PR]
by izutsujimusyo | 2012-11-05 13:07 | 海の時計
海の時計103
c0075725_1258435.jpg

藤堂志津子 作
井筒啓之 画
源さんが届けてくれた家庭菜園でとれたというトマトが、
いたくおいしく、水穂は輪切りにしたそれをせっせと
口に運ぶかたわらの報告である。(本文より)

・・・このトマト今更見ていうのも何だけど、
ぜんぜんみずみずしくないし、美味しそうじゃないね。
難しいね〜。
[PR]
by izutsujimusyo | 2012-11-05 13:01 | 海の時計
海の時計102
c0075725_12544019.jpg

藤堂志津子 作
井筒啓之 画
けれど可穂もそこでようやく口調に苦笑をにじませた。
「ほんとに笑っちゃうよね、いやになっちゃう」
「ごめん、ごめん、お姉ちゃんが悩んでいるのに」
(本文より)
[PR]
by izutsujimusyo | 2012-11-05 12:57 | 海の時計
海の時計101
c0075725_1242543.jpg

藤堂志津子 作
井筒啓之 画
「いま、ちょっと話してもいい?」
受話器のむこうで可穂は遠慮がちにたずねてきた。(中略)
時刻は十時になるところ、水穂は湯あがりのパジャマ姿だった。
(本文より)
[PR]
by izutsujimusyo | 2012-11-05 12:47 | 海の時計
ANA機内誌 翼の王国 連載「空の冒険」2012年11月号
c0075725_14371092.jpg

日差しの強い日で、濃い青空の下、夏の山々ときらきらした清流が美しい。おそらく美しさというのは肌でも感じることができるらしく、半袖から出た腕を上高地の風が撫でていく。(本文より)

c0075725_14373384.jpg

森の中を吹き抜けていくひんやりとした風、素足で踏む芝生、肩にかけてきた毛布、満天の星空、そしてさらさらしている自分の肌。清潔っていうのは、こういうことなんだと思った。そして次の瞬間、その清潔さになぜかとつぜん泣けてきた。(本文より)

 
c0075725_14394824.jpg

気がつけば、涙ぐんでいた。まだ二十歳そこそこだったが、夜の森の恐さを知った。清潔さの前で、もう身動きできなくなっていた。(本文より)
[PR]
by izutsujimusyo | 2012-11-02 14:42 | 空の冒険