イラストレーター井筒啓之のいろいろ
by izutsujimusyo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
井筒啓之プロフィール
1955年生まれ
1984年 
日本イラストレーション展入選
1986年 
長沢節に師事
1998年 
講談社出版文化賞さし絵賞受賞

東京イラストレーターズ・ソサエティ会員

イラストレーションのご依頼は
お問い合わせ
こちらからお願いします

コメント・トラックバックは今スパムが来ていますのでしばらくコメント・トラックバック不可にします。あしからずご了承下さい。

ここに掲載された画像の
無断転載を禁じます。


1955年生まれ
1984年 
日本イラストレーション展入選
1986年 
長沢節に師事
1998年 
講談社出版文化賞さし絵賞受賞

東京イラストレーターズ・ソサエティ会員

イラストレーションのご依頼は
お問い合わせ
こちらからお願いします

コメント・トラックバックは
承認制としました。
反映に時間がかかります。

ここに掲載された画像の
無断転載を禁じます。


リンク

井筒啓之のHP


井筒りつこのブログ



TIS



face book



flickr


creema


カテゴリ
全体
自己紹介
海の時計
空の冒険
装画&表紙
愛は乱暴
葦舟、飛んだ
文芸誌さし絵
8月の果て
その他さし絵
広告関係
装幀
小説宝石表紙
フラワーデザイナー
エスクァイア
ジュン・アシダ
花時間
青山塾
展覧会出品用作品
渋谷東急ハンズHINT7
その他
仕事のあれこれ
生活のあれこれ
ビビとチャコ
未分類
ブログパーツ
以前の記事
2015年 07月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
廣實さん、コメント有難う..
by izutsujimusyo at 14:10
垣根さんってこういう方な..
by 廣實 at 22:58
お返事ありがとうございま..
by はる at 01:22
はるさん コメントあり..
by izutsujimusyo at 14:22
ここの 「表現の自由..
by はる at 22:05
こんにちは!とても素敵な..
by izutsujimusyo at 14:45
詩とファンタジー秋茜号の..
by いしぜきけいこ at 22:09
メロス好きさん ありが..
by izutsujimusyo at 22:49
この画像使わせていただい..
by メロス好き at 21:27
すずきいつこさん ええ..
by izutsujimusyo at 13:34
最新のトラックバック
Japanese Art..
from Pearltrees
行ってきました!ビキニデ..
from 保土ヶ谷エリアCのいちにち
セカンド・サイト 中野順一
from 粋な提案
すれ違う背中を<乃南アサ..
from デコ親父はいつも減量中
すれ違う背中を [乃南アサ]
from 小説のブログ
荻原浩「誘拐ラプソディー」
from ご本といえばblog
「おじいちゃんのカラクリ..
from はまゆうの犬・ぱそ・ぶろぐ
シネマ古今東西―150人..
from 忍者大好きいななさむ書房
8月の果て
from 小春日和 -Indian s..
エンドコール メッセージ..
from + ChiekoaLibra..
お気に入りブログ
花嫁の裏方
日々@好日
デザインのひきだし・制作日記
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ANA機内誌翼の王国3月号吉田修一連載エッセイ「空の冒険」イラストレーション
c0075725_11235025.jpg

八年前、初めてのサイン会に向かう時は、お客さんは来てくれるのだろうか、
韓国の新聞や雑誌の取材も入っているが、どんな質問をされるのだろうか、
とかなり不安だった記憶がある(本文より)

c0075725_1127326.jpg

幸い、この時のソウル旅行は最高に楽しくて、最高に楽しい思い出になった。

c0075725_1129106.jpg

昨年の十二月、ソウルでサイン会を開いてもらった。
二〇〇六年の初めてのサイン会以来、ソウルでは四度目になる。
[PR]
# by izutsujimusyo | 2014-04-30 11:30 | 空の冒険
ANA機内誌翼の王国2月号吉田修一連載エッセイ「空の冒険」イラストレーション
c0075725_11453867.jpg

マカオには行ってみたいが、ギャンブルが苦手。という悩みをここ数年抱えていた。

c0075725_11461470.jpg

到着早々、ではとりあえずカジノに、ということで、ギャンブル好きの編集者Tさんを先頭に、
ギャンブル嫌いな僕とYさんが続く。

c0075725_11465296.jpg

世の中にはギャンブルに熱くなれる人がいる。G1レースを熱く語り、
宝くじの長い列に並ぶ、あの高揚感を味わってみたい気もする。
[PR]
# by izutsujimusyo | 2014-04-29 11:47 | 空の冒険
ANA機内誌翼の王国1月号吉田修一連載エッセイ「空の冒険」イラストレーション
c0075725_11411519.jpg

若者はただぽつんと立っている。しかしそのうち、ある人が様子を伺うように近寄ってきてハグしてくれる。それを見たカップルが今度は順番にハグしてくれる。子供に「あのお兄ちゃんにハグしてきてあげなさい」と言う母親がいる。ハグしてくれる人は次第に増えていく。(本文より)

c0075725_11421777.jpg

ちなみにご存知ない方のために簡単に説明させていただくと、「フリーハグ」というのは、街頭で見知らぬ人々とハグ(抱擁)をして、素晴らしい何かを(愛・平和・温もり等)を生み出す活動、とWikipediaにはある。二〇〇一年頃にアメリカ人が始めたものらしく、以後インターネットを通じて世界に広まったという。(本文より)

c0075725_114361.jpg

とりあえず、練習台として、うちの猫をハグしてみようと思う。
[PR]
# by izutsujimusyo | 2014-04-29 11:43
ANA機内誌翼の王国12月号吉田修一連載エッセイ「空の冒険」イラストレーション
c0075725_11315449.jpg

車を降りた時、運良く雨が上がった。濡れた椰子の原生林、濡れた車道、
濡れた壁、そしてとても濃い山の空気。

c0075725_1132448.jpg

台北市内から地下鉄で三十分ほど北上した場所に「淡水」という町がある。夕日の絶景ポイントである淡水河に沿って、台湾名物の屋台や洒落たカフェが並ぶ、台北市民憩いの場だ。

c0075725_11363531.jpg

「路(ルウ)」の主人公が学生時代に暮らしていた淡水の学生アパートに、
自分も住んでいたと言うのだ。
[PR]
# by izutsujimusyo | 2014-04-29 11:33 | 空の冒険
ANA機内誌翼の王国11月号吉田修一連載エッセイ「空の冒険」イラストレーション
c0075725_11273423.jpg

もちろん現在の彼女がどんな生活を送っているのかは分からない。あの時、一緒に走り回った彼女の子供たちも、今では当時の僕らと同じ年齢になっている。手元にはたった一枚、みんなで写した写真がある。いつでも連絡が取れると思っていれば、もしかすると、こんなに大切にはしていなかったのではないかと思う。(本文より)

c0075725_11275439.jpg

この町で僕らはある一人の女性と出会った。船着き場から町中へ向かうタクシーの運転手さんで、僕らより少し年上のとても明るい人だった。(本文より)

c0075725_11285322.jpg


「ここは高い」「あそこも高い」と一つ一つ魅惑のリゾート地が消えていき、結果的に残ったのが、ペルヘアティアン島という、今日覚えても明日には忘れてしまいそうな名前のマレーシアの孤島だった。
[PR]
# by izutsujimusyo | 2014-04-29 11:30 | 空の冒険
イラストレーション青山塾第17期生募集のおしらせ
2014年度17期生募集中
イラストレーション青山塾 2014年度第17期生を募集しています。

履修単位
各科共通 1年間(2014年4月〜2015年3月)40コマ
授業日
ベーシック科 木曜日 19時〜21時     4月10日開講
ドローイング科 水曜日 19時〜21時    4月9日開講
イラストレーション科 金曜日 19時〜21時 4月11日開講
講師
ベーシック科講師:井筒啓之、舟橋全二、作田えつ子、木内達朗
イラストレーション科:舟橋全二、木内達朗
ドローイング科:井筒啓之、作田えつ子
受講料・定員
本体280,000円+消費税22,400円(計302,400円) 1クラス 35名
※2014年4月1日以降の消費税増税に伴い、消費税は8%となります。

お申し込みは青山塾HPの募集要項から
http://aoyamajuku.jp/about/guidelines/
c0075725_15494750.jpg

修了式の2次会パーティーの様子
c0075725_15492834.jpg

今期の修了展の大賞受賞作品
c0075725_15485950.jpg

今期修了展
c0075725_15471111.jpg

青山ブックセンター本店
[PR]
# by izutsujimusyo | 2014-03-25 15:49
井筒啓之展「昼寝するお化けーLandscapeー
c0075725_138633.png

ギャラリーハウスマヤで展覧会を開催します。
2月24日(月)〜3月8日(土)日曜日休廊
11:30〜19:00(土曜日は17:00まで)

〒107-0061 東京都港区北青山2-10-26
tel:03(3402)9849  fax:03(3423)8622
e-mail : galleryhousemaya@gmail.com

7年ぶりに展覧会をやります。

今回は風景が主題です。
週刊ポストの曽野綾子さんのエッセイに描いていた絵です。
その仕事は自由度が高く好きにやらせてもらっていたので、
2年半前から日本の風景を描いていました。
風景画の自由さを還暦秒読み段階で知りました。
絵には小さく"Don't give up Japan"という文字をいれてあります。
flickrにもアップしていたからです。
そんな事を密かにやり続けていたら、ギャラリーハウスマヤのレンさんに
展覧会を、と声をかけていただけました。
展示するとなるとそのメッセージ的なものがもやもやとしていますが、
まあそういう恥ずかしい感じも開き直って見てもらおうと腹括りました。
[PR]
# by izutsujimusyo | 2014-02-14 13:15 | 仕事のあれこれ
「暗闇のリラ」谷村志穂
c0075725_1234162.jpg

実業之日本社
谷村志穂 著
名久井直子 装丁
井筒啓之 装画
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Amazonの内容紹介より抜粋ー
「あの子をさらっちまうか。それでさ、二人で誘拐犯になんのな」
「花って、お前、どの花のこと訊いてんの?」
母さんは、ずいぶん冷たい口調でぼくを見下ろした。
女性の等身大の愛と性を描いて支持を集める名手が故郷・北海道を舞台に、
二十歳の孤独が闇の底で重ねた稚拙な罪、そして赤裸々な性に迫った渾身の長編。
(単行本時のタイトル『リラを揺らす風』を文庫化に際して改題)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5日発売と聞いていますがAmazonではもう購入できるようです。
[PR]
# by izutsujimusyo | 2014-02-03 12:40 | 装画&表紙
梨園の娘
c0075725_1143261.jpg

角川書店
東 扶実子 著
多田和博 装丁
井筒啓之 装画
2013年

久しぶりにブログの更新です。
「梨園の娘」
歌舞伎の世界に生まれた女の子。そして愛するが故に立ちはだかる父親の大きな壁。
「芸」を通して繋がる壮絶な親子の愛情物語です。
グイグイと読んでしましました。
[PR]
# by izutsujimusyo | 2013-12-19 11:55 | 装画&表紙
2014年度青山塾の授業の見学
c0075725_8401642.jpg

「2014年度青山塾の授業の見学を受付けています」

実際にどのような授業を行なっているかご自分の眼でご覧になってください

ご希望の方は事務局までお気軽にお問い合わせください。
お名前、連絡のつく電話番号、メールアドレス、郵便番号、ご住所、ご
希望見学日をメール又は事務局までお電話でお伝えください。

Tel.03-5485-5513
culture@boc.bookoff.co.jp

見学の出来る日は青山塾の公式ホームページで確認してくだい
http://aoyamajuku.jp/info/2247/
[PR]
# by izutsujimusyo | 2013-11-15 08:40 | 青山塾